認知症の基礎知識
  • 介護

認知症の人の気持ちとは?

さまざまな不安やつらさを感じています。認知症の人の思いに寄り添いましょう

周囲は認知症の人に対して「認知症になると何もわからなくなる」「徘徊や妄想、興奮など不可解な行動を起こす面倒な人」などと決めつけてしまいがちです。しかし本人は、自らの変化にとまどい、不安を感じているのです。

アルツハイマー病などの初期には、もの忘れの症状が顕著に現れます。軽いもの忘れは、ある程度の年齢になれば、認知症の人に限らず誰にでも起こりうるものです。しかし認知症の人の場合、日常生活の中でもの忘れが頻繁に起こるため、混乱します。またもの忘れをした自覚がないのに周囲から指摘されると、不愉快になりますし、さらに混乱します。

また、鍋を焦がす、同じ物を何度も買ってしまう、人と約束したこと自体を忘れてしまう、といった行動面の失敗が目立つようになります。周囲の人はなかなか認知症とは気づかないため、注意や責めを受けることも少なくありません。失敗体験が積み重なり、周囲の理解も得られなければ、仕事や生活について自信を失います。

さらに病気が進行すればできないことが増えて、行動も制限されがちになります。危ないからと料理をさせてもらえない、孫の子守りを任せてもらえない、一人で出かけることが止められている――となればストレスもたまっていくでしょう。

家族など周囲の人は、認知症という病気を理解し、認知症の人の気持ちに寄り添うことが大切です。