認知症の基礎知識
  • 介護

認知症の人の不安を、行動から察することができますか?

不安が高じて「もの盗られ妄想」などの行動をとることもあります

認知症が進行すると、直前のことを覚えていない、今いる場所が分からなくなる、あるいは親しい人のことが分からなくなるなどの症状が現れます。また直前の記憶がはっきりしないため、時間や周囲の状況もどこか曖昧な感じがして不安になります。このため家族に同じことを何度も確かめて安心しようとします。つまり認知症の人が同じことを何度もたずねるのは、単に忘れてしまうからという理由だけでなく、自信のなさや不安感の表れでもあるのです。

散歩に出たら、そのまま家への帰り道がわからなくなってしまったり、自分から電話をかけたのに相手がでたとたんに、なんの用件だったか忘れてしまったり---。当たり前のようにできていたことができなくなると、「自分はどうしてしまったのだろうか」と不安になります。認知症の人は、このまま自分が壊れていくのではないか、という不安とおびえのまっただなかにあるといえるでしょう。

不安を抱えると、身近な信頼できると思う相手に頼りたいという思いが高じて、「夫(あるいは妻)が浮気をしている」などと妄想的な嫉妬を覚えることもあります。また、認知症の症状の一つで、実際には盗まれていないのに「財布を盗まれた!」などと騒ぐ「もの盗られ妄想」は、疑いの矛先が身近に接している家族に向かうことが多く、家族も疲弊しがちです。

「もの盗られ妄想」だけでなく「徘徊」や「興奮」といった認知症の人がとる不可解な行動の背景には、不安な気持ちや、認知症の人なりの理由があります。本人の気持ちに沿った対応を心がけると、不安が解消し、症状がおさまることも少なくありません。

この記事の認知症キーワード