認知症の基礎知識
  • 介護

認知症のお年寄りの自尊心を大切にするには?

否定する対応をしないように気をつけましょう

認知症になってこれまでできていたことができなくなると、家族や周囲の人は“認知症だから何もわかっていない”と決めつけがちです。しかし、認知症の人は直前の記憶を失っているだけで、感情は普通どおりにあります。褒められれば嬉しいし、叱られれば悔しい。役に立たないと言われれば悲しくなります。人間なら誰でも持っているこの感情は以前とまったく変わりません。
介護する家族や周囲の人は、この点を踏まえて上手に接する必要があります。

認知症の人の介護をしている人は、つい叱ったり、間違いを正そうと説得したりしがちですが、こうした行為は逆効果を生じてしまう場合があります。行った行為自体を忘れているる場合、なぜ叱られているのか、なぜ間違っていると言われるのか、なかなか納得できません。
その一方で、自分が叱られたのだという悲しみや、悔しさばかりが残りがちです。いつも叱られたり、注意されたりすると、その人にネガティブな感情を持ったり、本人がうつ状態になったりすることが多々あります。

まずは、本人の話を否定せず、「そうね」などと話を合わせるのがよいでしょう。話が事実と異なっている場合、認めるべきところを認めた上で、本人が受け入れられる範囲で、「ここは違うのでは」と訂正できるとよいと思います。
また、認知症の人がやけに乱暴な言動をとるときは、「思うように言葉が出てこない」「意思が伝わらない」「バカにされている」と感じていらだっていることが多いもの。その場は優しく受け流して、どうすればいらだちがやわらぐのか、原因はどこにあるのか、本人の立場になって考えてみましょう。

この記事の認知症キーワード