認知症の基礎知識
  • 介護

認知症の人に対する話し方のコツ

「ゆっくりわかりやすく」話しましょう

認知症になって脳の機能が低下すると、会話をしなくなることがあります。
しかし、会話の量が増えれば脳が活性化され、認知機能にもいい影響を及ぼします。
さらに人と交流することで、生活にハリが出て、気持ちも明るくなります。

そこで、認知症の人には積極的に声をかけ、話を引き出すようにしましょう。その際、ゆっくり、わかりやすく話すのがコツです。

また、認知症の人は、いくつものことを同時に理解することが苦手です。「さっき外出から帰ったから、手が汚れているかもしれませんね。手を洗いましょう」と言うと、「外出」「汚れ」「手を洗う」と三つの話がでてくるので混乱しがちです。こういう場合は「手を洗いましょう」と声をかけるだけにしてください。

認知症の人は、最近の言葉が苦手なことがあります。年齢にもよりますが、「スマホ」と言わず、「電話」と言ったほうが、理解されやすい場合があります。出身地の方言が有効なこともあります。故郷のなまりには、いくつになっても親しみを感じるようです。

子どもの頃に遊んでいたベーゴマなどのおもちゃや、若い頃の写真、好きだった歌などを話題にするのもいいでしょう。認知症でも昔の記憶は良く保たれているため、会話の糸口になるだけでなく、脳が活性化される効果があります。
これは「回想法」でも利用される手法です。

この記事の認知症キーワード