認知症の基礎知識
  • 介護

「ご飯を食べさせてもらっていない」と騒ぐお年寄りへの接し方

「いま支度していますからね」と声をかけてみましょう

食事をしたばかりなのに、そのことをすっかり忘れてしまい、「ご飯を食べさせてもらっていない」と騒いだり、言いふらしたりするお年寄りがしばしば見られます。
認知症が軽度から中度のときに、よく見られる症状です。

また脳の機能も落ちているため満腹感も感じづらく、いくら説明しても理解してもらうのは難しいもの。「さっき食べたでしょ」「今はまだご飯の時間じゃないよ」と叱っては逆効果です。
近所の人に聞かれると、まるで虐待しているように思われるので、家族もつい「人聞きの悪いことを言わないで!」と怒ってしまいがちですが、よくあることですから冷静に対応しましょう。

「いま支度していますからね」などと声をかけると、納得して安心してもらいやすいものです。胃が一杯というだけでなく、食べ物を見て、味や匂いを感じることによって、満腹中枢が満たされるものですが、これらの記憶も失われると、実際お腹が空きやすいものです。お腹がすいていると思われるときは、カロリーや塩分があまり含まれておらず、しっかり噛む感覚が持てる食物で、空腹感を紛らわせるとよいでしょう。間食が多くなりすぎて、食事が不規則になるのは好ましく、少量にとどめるのがコツです。食べ過ぎが気になる時は、一食分の食事量をあらかじめ減らしておいて、残りをおにぎりなどにして出すのも良いでしょう。

また、寂しさを訴える代わりに食事を持ちだしている場合もあるので、話し相手になるように努めることも大切でしょう。

この記事の認知症キーワード