認知症の基礎知識
  • 介護

認知症の人にやってはいけない事

不安になるような言動は避けて

大きな声で怒鳴ったり、騒がしくしたりしていると、認知症の人の不安感が高まってしまいます。認知症の人はなぜ怒鳴り声がするのか、なぜ騒がしいのか、その理由がわからず、もしかしたら自分が原因なのかと不安になるのです。静かな環境を整えることが、認知症の人の気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。

「○○さん」と後ろから急に声をかけたり、肩を叩いたりするのも避けましょう。もともと精神状態が不安定になっているので、びっくりして転倒することもあるからです。

認知症の人は新しいことが大の苦手です。昔からなじんだ場所で、昔から使っている物に囲まれて暮らすほうが落ち着くのです。できることなら転居などは避け、顔見知りの人たちのなかで暮らせるように配慮しましょう。

また、認知症の人はよくいろいろな失敗をしますが、失敗を責めるのはよくありません。「気にしなくても大丈夫ですよ」とやさしく声をかけてあげてください。

介護を拒否されたり、暴言を吐かれたりすると、つい「ダメ」や「やめて」などと、頭ごなしに叱ってしまいがちです。相手を否定する言動は避けてください。

この記事の認知症キーワード