認知症フォーラム.com 動画でわかりやすく認知症を知るサイト

文字の大きさ
「小」
「中」
「大」
出演者
奥村歩(おくむら・あゆみ)さんおくむらクリニック院長、岐阜大学客員医学講師
脳神経外科医として20年にわたり、認知症や脳卒中、うつ病治療の最前線に携わってきた。平成20年、岐阜市内に「おくむらクリニック」を開設。
松久智子(まつひさ・さとこ)さんグループホーム喜楽 デイホームきらく代表、介護支援専門員
介護保険制度施行に合わせ「喜楽」を立ち上げる。「認知症になっても地域の中で住み続けること」を念頭に、本人と家族の笑顔を大切にしたケアを実践。
長屋精二(ながや・せいじ)さん認知症の人と家族の会 岐阜県支部
5年前に妻がアルツハイマー型認知症を発症。「できる限り一緒にいたい」と在宅介護を続け、リハビリを兼ねて今も夫婦で縫製の仕事を続けている。
概要
認知症の症状は、認知症になれば誰にでも必ず現れる「中核症状」と、人それぞれ現れ方が違う「周辺症状」に大別できます。周辺症状は、ストレスの多い患者さんほど現れやすいといわれています。
アリセプト(塩酸ドネペジル)は、現在日本で保険適用されている唯一の認知症治療薬。根治薬ではありませんが、進行を遅らせる効果が期待できます。早い段階で服用を開始すれば、より効果的です。
アリセプトの効果はどの程度期待できるのでしょうか。奥村先生は「例えばアリセプトを飲むと再び生き生きとして意欲的に生活できるようになるなど、効果が見られることも多い」と話します。
最近、認知症の周辺症状を抑える薬として、漢方薬も注目されています。最も多く使われているのは、抑肝散。もともと赤ちゃんの夜泣きや疳の虫に使われていたお薬なので、お年寄りにも安全に使用できます。

関連記事

アルツハイマー病にはどんな薬が使われますか?
長年、アルツハイマー病には有効な治療薬がないとされてきましたが、1999年に塩酸ドネペジル(商品名アリセプト)という薬が認可されました。…続きをみる
漢方薬は認知症に効果がありますか?
漢方薬は、こうした周辺症状を改善する効果が高いといわれています。…続きをみる

認知症フォーラム.com 制作委員会

協賛:株式会社ツムラ

Copyright(c)2012 ninchisho-forum.com All Right Reserved