認知症キーワード

中核症状

ちゅうかくしょうじょう

認知症には「中核症状」と、「BPSD(行動・心理症状)」がある。「中核症状」は脳の神経細胞が壊れることによって、直接起こる症状のこと。具体的には、「記憶障害(もの忘れ)」「判断力の障害」「問題解決能力の障害」「実行機能障害(ものごとを実行できなくなる)」「見当識障害(いつ・どこがわからない)」「失行(ボタンをはめられないなど)」「失認(触れたものや聞こえてくる音が何なのかわからなくなる)」「失語(言語障害)」などがある。BPSDは現れ方の個人差が大きく出ないこともあるが、中核症状は認知症になれば必ず現れる。

[ 中核症状 ] 関連記事一覧

15 件