認知症キーワード

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

とうきしゃくやくさん

“産婦人科の三大漢方薬”の一つで、血行障害やうっ血などを表す「血(けつ)」※の不足を補い、血液の巡りをよくして、体を温める「駆瘀血剤(くおけつざい)」。月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害などによく用いられるほか、産前産後の不調(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)などにも使われる。
対象となるのは、やせて体力のない「虚証(きょしょう)」の人。めまい、立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴りなどの改善にも使われる。 

※「気・血・水」は、不調の原因を探るためのものさし。
漢方では、私たちの体は「気・血・水」の3つの要素が体内をうまく巡ることによって、健康が維持されていて、これらが不足したり、滞ったり、偏ったりしたときに、不調や病気、障害が起きてくると考えられている。
「血(けつ)」:全身を巡ってさまざまな組織に栄養を与える。主に血液を指す。
 

[ 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) ] 関連記事一覧

1 件