認知症キーワード

特別養護老人ホーム

とくべつようごろうじんほーむ

特養、介護老人福祉施設とも呼ばれる。社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設で、寝たきり状態など、介護を必要とする重度の要介護者が、少ない費用負担で長期入所できる。常時介護を必要とする要介護者の「生活の場」であり、食事や排泄の介助などの生活援助を中心に、各種レクリエーションなども提供している。
回復期リハビリテーションは少なく、医学管理下でのケアは限定的だが、入所した人の多くはそこで残りの余生を過ごすため、重度の要介護者にとって「終の棲家」の意味合いが強い。
特別養護老人ホームの入所対象者は、原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者が基本条件。ただし、60~65歳でも、「初期痴呆状態にある」「配偶者が入所する」などの場合には、認められる。さらに「長期入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」など、地域や施設によってさまざまで、詳細は施設に問い合わせる必要がある。費用が安いこともあって人気が高く、ほとんどの施設が順番待ちの状態だ。

[ 特別養護老人ホーム ] 関連記事一覧

0 件

コンテンツがありません。