動画
  • 医療

北名古屋回想法センター 遠藤英俊医師インタビュー

概要

愛知県北名古屋市では、回想法を利用して認知症予防に取り組んでいます。認知症は最近のことを忘れるというという特徴があり、昔のことは比較的よく覚えています。回想法では、きっかけを作って幼少期や青年期の記憶を引き出します。それを題材に会話のキャッチボールをすることで脳が活性化するばかりでなく、自信にもつながっていくのです。
北名古屋市の取り組みは、地域活動にまで発展しています。お年寄りが社会参加することで、社会も元気になるという実例といえます。

認知症研究・治療の第一人者である遠藤英俊医師が、回想法の医学的な効果のほか、地域活動にまで発展した北名古屋市の取り組みの意義について語ります。

出演者

遠藤 英俊(えんどう・ひでとし)さん

遠藤 英俊(えんどう・ひでとし)さん

聖路加国際大学臨床教授・名城大学特任教授
シルバー総合研究所理事長
(元国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長)

遠藤 英俊(えんどう・ひでとし)さん

1982年滋賀医科大学卒業。名古屋大学老年科で医学博士取得後、市立中津川総合病院を経て、国立長寿医療研究センター(旧・中部病院)老年内科勤務、内科総合診療部長等歴任。
認知症や医療介護保険制度等を専門とし、著書出版多数。国や地域の制度・施策にも関わり深く、NHKクローズアップ現代などTV出演も多い。ロシアやタイなど海外での認知症関連の研修や、看護師の特定行為研修も担う。

プロフィールを表示

この記事の認知症キーワード