認知症キーワード

グループホーム

ぐるーぷほーむ

グループホームは、「認知症対応型共同生活介護」とも言われ、認知症の人が少人数(5~9人)で必要な介助を受けながら共同生活する施設を指す。大規模な介護施設とは異なり、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で介護スタッフとともに生活を送ることによって、認知症状の進行を穏やかにし、認知症の人を介護する家族の負担軽減につなげる狙いがある。
グループホームで行うサービスは、「基本的な介護サービス」「生活(食事・掃除・洗濯など)支援サポート」「機能訓練(リハビリやレクリエーションなど)」「緊急時の対応」などだが、できるかぎり自分たちのことは自分でやれるようにするため、スタッフはサポートがメインとなる。また、グループホームでは医療行為は原則として行わない。

[ グループホーム ] 関連記事一覧

32 件

さらに表示(残り1ページ)