動画
  • くらし

人生はいつも挑戦 〜安心院けんこうクラブの13年〜

概要

大分県宇佐市安心院町で13年前に始まった「安心院けんこうクラブ」。現在も週1回、地域の保健センターで開催され、みんなで買い物や料理、体操、レクリエーションを楽しみ、たくさんお喋りをして過ごします。安心院けんこうクラブは認知症予防を目的にした取り組みで、当初は65歳以上の人に認知機能検査を受けてもらい、比較的認知症になりやすいとされる「MCI(軽度認知障害)」の疑いがあるとされた人が主な対象者でした。通常MCIでは1年で約10%、5年で半数が認知症に移行しますが、クラブに参加してきた人のうち、認知症で生活に困っている人は一人もいません。今は安心院地区のほとんどの高齢者が参加。お仕着せのプログラムではなく地域住民自身が主体的にかかわってきたことが、継続につながったと言えそうです。【2017年10月20日公開】
(11:08)