動画
  • 介護
  • くらし

スーザンのままで 〜結婚・来日・認知症を生きる〜

クリップ

概要

ー Vol.1 Let's Party!─パーティをしよう─ ー

アメリカテキサス州出身の岩田スーザン・リンさん(68)は、23歳の時に岩田長太郎さんと結婚し来日。奈良県天理市にある長太郎さんの実家で暮らし、3人の娘にも恵まれました。

しかし6年前に認知症と診断されてからは、それまで話せていた日本語が出てこなくて周囲とコミュニケ―ションをとりづらくなるなど、ストレスがたまりがちに。

「ストレスを少しでも軽減したい」と考えた娘の香織さんは、若年性認知症当事者の平井さんに相談。平井さんの提案で、地元の大学で学ぶ留学生と英語で交流を持つようになりました。
以来、自宅でホームパーティーを開催するなど地域の人たちと交流を深め、スーザンさんだけでなく、「自分ひとりでなんとかしなければならない」と追い詰められていた香織さんも笑顔に。
思い切って周囲に助けを求めたことが、より良い結果につながりました。(11:03)


ー Vol.2 “Shall we go!デイサービスに行こう” ー

認知症と診断されてからも、奈良県内にある自宅で夫の長太郎さんの介護を受けながら過ごしてきた岩田スーザン・リンさん(68)。

離れて暮らす娘の香織さんは、長太郎さんの負担を減らすと同時に、スーザンさんが心地よく生活できるように環境を整えてきました。認知症特化型のデイサービスに通い始めたこともその一つ。スタッフや通所者と心を通わせるなど、新たな生活を楽しめるようになりました。

しかし2019年9月に長太郎さんが急逝。
香織さんがスーザンさんの介護をするため東京の仕事を辞めて奈良に移住するなど、スーザンさんを取り巻く生活環境は目まぐるしく変化しました。
そのため、スーザンさんが不安になってしまうのではと心配した香織さんですが、「私が落ち込んでいるときに『大丈夫?』と声をかけてくれるなど、母の存在が大きな支えになっています」と話します。(13:10)

【2020年3月19日公開】

スーザンのままで Vol.3 〜結婚・来日 認知症を生きる〜 “THE FAR SIDE OF THE HEART 心の中の遠い場所”
https://www.ninchisho-forum.com/movie/n-116_01.html